重たいドリンクまとめ買いで送料無料特集
きっと見つかる!こだわりの調味料
スポンサードリンク

お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)

みんなに平等においしいお茶を淹れる

複数の人たちにお茶をおいしく入れるには、お茶の濃さが均等でなければいけませんよね。

急須から、少しずつ全部の茶碗(湯のみ)につぎ、それを何回も繰り返して淹れます。

こうして淹れたお茶は、みんな同じ濃さで、飲み頃お茶になります。

急須のお湯は残さず、絞りきってくださいね。
最後の数滴にうまみがあるので、急須に残さないで!


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


「鬼も十八、番茶も出端(でばな)」

今回は、番茶のおいしい淹れ方についてです。

番茶も緑茶の一種です。
煎茶は沸騰した後、70〜80度位に下がったお湯で淹れますが、
番茶の一煎目は、やかんから煮えたぎったお湯を注ぐことが大切です。

熱湯で一気に茶葉を開き、そして、すぐに茶碗にまわしついでいきます。
香ばしい香りが楽しめます。

二煎目は、十分に茶葉が開いているのでポットのお湯を使っても大丈夫!

おいしいお茶を淹れるには、ちょっとした手間も惜しまないでくださいね。

煎茶(中・下ランクの煎茶)の淹れ方


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


お茶に種類があるように、急須にもお茶にあった急須があります。

急須は、小さい順に、玉露用、煎茶用、番茶用。
淹れるお茶の量にあった急須がお茶の味をよくします。

どの急須にしても、注ぎ口が小さいものが良いそうです。
大きい注ぎ口だとコクも味もでないまま一気にお茶が出てしまうから。

ほかに、急須を選ぶときに注意する点は、

  • ふたが安定している。
  • 底が深すぎないもの。
    お茶を注ぐとき、急須をひっくり返すようにしなければ最後の1滴まで注げないのはNG!
  • カラなのに重いものもNG!

あ、でもかわいい柄とか、素敵なデザインの急須って欲しくなりますよね!

お茶がおいしく入るかどうかにはいろいろな要素がありますが、茶道具の中では、急須が重要ですね。


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


煎茶は緑茶の代表!

上・中・下とランクがあるようですが、高級煎茶は玉露みたいな甘みが出るので、玉露と同じ扱い方をすればよいようです。

で、普通に使う中・下の煎茶は、沸騰した後、70〜80度位に下がったお湯で淹れるのがベスト。

急須にお湯を注いだら、すぐに茶碗にまわしつぎます。

2回目からは、熱めのお湯で淹れます。

茶葉は、3人分で茶さじ山盛り2杯くらいでいいようですが、お好みでどうぞ。


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


お茶においしいとは・・・?

井戸水が一番!という声が聞こえてきそうですが。

井戸よっては、お茶をまずくする物質が入っている場合もあるとか。
汚染も気になりますし・・・・

私は、ペットボトルの水を買うことがほとんどないのでよくわかりませんが、お水自体おいしいのでお茶にもよいでしょうね。

コーヒー通は、○○のミネラルウォーターじゃなきゃダメ!という人もいるようですし・・・

水道水は、カルキ臭が気になるので、私は浄水器をつけています。
朝一番に出した水はお茶には使わず、しばらく流して浄水器にたまった水を出してから、やかんにいれて沸かすようにしています。

しばらく流す水はもったいないので、朝食の野菜洗いなどに使っています。

* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


おいしいお茶を入れる。
緑茶でも紅茶でもおいしく入れるためには良いお湯を用意する必要があります。
良いお湯とは・・・?

やかんでお湯が沸いたら、火を中火くらいにして(やかんから吹きこぼれない程度に沸騰させ)2〜3分たって火からおろします。

2〜3分沸騰させれば、完全にお湯全部がしっかり沸くので、おいしいお茶が入るというわけです。

2〜3分って短いようですが、待っているときは長く感じられますね。
でも、我慢。
おいしいお茶のためです!

ですが、沸かしすぎのお湯で淹れたお茶はまずいです。
沸かしすぎのお湯には炭酸ガスが飛んで抜けてしまっているから、お茶には向かないとのことです。


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


おいしく飲んだ後のお茶の茶殻は捨てる前に活用しましょう。

その1・入浴剤に使おう!
使用済みの茶殻1日分をガーゼなどの布で包んで浴槽に入れる。
お茶のビタミンCは熱に強く、美肌効果もありますので、お肌がすべすべに!
身体も温まります。
緑茶もハーブの仲間と考えれば、これは立派なハーブバス。
ゆっくりバスタイムを楽しんでね。

その2・捨てないで土に戻す
鉢植えや、花壇など、草木の根元に埋めれば立派な肥料になります。
ごみも減ります。

その3・消臭剤にする
茶殻(乾燥させた茶殻)は布にくるんで下駄箱におけば消臭剤として使えます。

その4・床磨き
茶殻を布袋に入れて床磨きにも使えます。

その5・掃き掃除に
少し湿り気が残っている茶殻は、玄関の掃き掃除に使うと、ほこりが立たずに、よくごみが集まります。
後はちりとりに集めてゴミ袋にポイ!

お茶ガラの再利用、私の家では結構役に立っています。


* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* エコ・リサイクル利用
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


今回は、お茶を使った料理についてです。

しゃぶしゃぶって、実においしいです。

冬は、温かい鍋で、夏は冷しゃぶ。

しゃぶしゃぶをするとき、湯ではなく、お茶を淹れたもので肉をゆでると、肉の臭いが取れてさっぱりとします。


豚の固まり肉をゆでるときも(つまりゆで豚)、緑茶のティパックや紅茶のティパックを使っています。
しょうが・深ねぎを入れなくても肉の臭みが取れます。
もちろん、しょうがやねぎを入れたほうが風味がよくなります。

後は、しょうゆ・砂糖・みりん・酒などで煮込んだり(煮豚になる)、薄切りにして、みょうがやネギなどと一緒にポン酢しょうゆでいただきます。


* 肉類:料理の基本とコツ
* お茶(緑茶・紅茶・コーヒーほか)
* キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノートの最新記事へ


最新記事
ranking
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理の豆知識へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ